CRF1000L Africa Twin〜北海道 道の駅スタンプラリー 2017.6.10-11

 ブログタイトル:まだ見ぬ世界を目指して 掲載日:2017/06/12 

土曜日は雨予報だったので、キャンプツーリングは諦めて道南道の駅巡りを泊まりがけで行うことにしました。宿は初めてライダーハウスに泊まることにしました。
2日間で1,050㎞の旅の始まりです。
 
【1日目】
予報通り朝から雨です。
初日は道央の道の駅で周りきっていないところから攻めることにします。
赤井川から日本海側をたどっていきます。
 
今回は泊まりがけなのでフルパニアの装備です。
荷物はあまりないのですが、雨も降るし、荷物スペースは余裕がある方が安心です。
 
朝7時に出発。小雨だった雨は次第に本降りになり始めの目的地「道の駅・あかいがわ」に着く頃には土砂降りです。タンクバッグに防水カバーをしてなくて、スマホもマウントにつけたままだったので急いで防水処理をします。タンクバッグはマップケースの裏が濡れて地図も濡れてしまいました。
スマホにも雨がかかって一時動作が不安定になってしまいました。
やはり防水は面倒くさがらずにしっかりしないとダメですね。
 
{E1C6F9D3-EF50-45B8-9DE6-AB4D5C665BFF}

道の駅・あかいがわでは屋根付きの駐車スペースの端に停めさせてもらって装備を整え直します。

それから余市、神恵内へと向かうのですがずっと土砂降り。

グローブは一応防水なのですが、午前中ですでにぐしょぐしょ。

ヘルメットにつけているインターコムも動作がおかしくなって突然電源が落ちてしまいます。

ナビがないと遭難するので、スマホはタンクバッグのマップケースに入れて起動させておきます。

インターコムの防水はどうしようもないのですが、そのほかの防水に関しては色々と手を尽くさないといけません。問題はバイクから電源を取るシガーソケットの中にも水が入ってしまうこと。ここが浸水すると電気系統のトラブルも考えられるし、スマホに給電されなくなるので致命傷になります。

 

キャンプツーリングでは宿泊地で充電ができないので、シガーソケットのトラブルは何としても避けないといけません。

 

午前中は写真も撮れずにひたすら移動して道の駅を周ります。

なかなか道南エリアに到達できず、昼を回った段階で、今日行こうとしていた北海道最南端の白神岬への到達は無理だということに気づきました。

 

{3685AB95-B613-4304-A934-E44E0450AA76}

 

昼食は寿都の道の駅で、「ホッケカレー」をたべました。この辺りはホッケが名物ということでホッケのすり身がカレーの中に入っているようです。

食べてみると、それは「魚臭いカレー」。スパイスをたくさん入れて魚の臭みを減らしているようです。しかし、元も子もない発言になりますが「無理して入れなくていいのに…」という感想しかありませんでした。カレーそのものは美味しかったです。

 

雨は次第に小降りになり、降ったり止んだり。

今回のルートは2日間とも海岸線を走るので、天気が悪くても気持ちがいい道を走ります。

 

田舎町を走っていると、歩いているおじいさんが突然「よっ」とばかりに手を上げてくれました。慌てて手を上げて挨拶しますが、なんとも北海道の人たちの人懐こさというのでしょうか。ほっとする気持ちにさせてくれます。

 

今日は江差まで行ったら進路を函館に向けることにしました。

これといった観光地には寄っていないのですが北海道は走っているだけで気持ちがいいので気にしません。

{7A0EC68C-487D-47E7-878A-DF10610C683E}

 

道の駅・上ノ国もんじゅから見る日本海は綺麗でした。

 

さて、今日はツーリングマップルでも紹介されている函館のライダーハウスに止まります。

その名も「ライダーハウスパゴパゴ」です。

湯の川温泉のさらに先、民家の中にある喫茶店が目印です。

{34B91AF9-4A38-433F-81B8-EE17F3A71C21}

 

オーナー夫婦は喫茶店「パゴ」を経営しているので、ライダーハウスは「パゴパゴ」になったんでしょう。素泊まりで1,500円、しかも個室ということでライダーハウス初心者のデビュー戦にはいいところです。相部屋だと気を使うし、ユースホステルのような和気あいあいのノリはあまり慣れてないので静かに過ごすことができるのはありがたいです。

 

オーナー夫婦はとても感じが良い人たちでした。

喫茶店は昔の雰囲気でお客は一人もいません。ライダーハウスは昔は寮ととして使っていたのでしょうか。

 

 

{9A7D233E-F004-4A25-AAF5-5735CFDDD101}

 

いまの時代、なかなか出会えない古くてボロい建物ですが、一応ベッドです。シャワーもあります。トイレなど水場は共同です。

寝るだけと割り切ってしまえば1,500円で室内が確保されるならありがたいことです。

シャワーからは茶色い水が出てきましたが汗を流せればそれでいいです。

まだシーズン始まったばかり。今日の宿泊者も私以外は神奈川ナンバーのライダー1名だけ。

これからたくさん人が止まればシャワーの水も透明なものが出てくるのではないでしょうか。

 

持参したポケットWi-Fiも繋がりました。

 

{3F821778-534F-4655-996D-AAD580E3F88B}

 

翌朝、というより明け方ですが、寒くて目が覚めます。

ダウンジャケットを着込んで寝たのですが全然ダメでした。

古い建物だから断熱がきちんとできていないのでしょうね。

キャンプツーリングをするときにはしっかりと防寒装備を整えないといけないでしょう。

4時ぐらいから寒くて寝られないので5時には起床して5時30分に出発することにしました。

 

{78C724BB-A3F2-4E41-BBB6-FE7DFBBDB8B6}

 

2日目は初日に行き損ねた道の駅も回るために、函館から一度白神岬まで行って、それからまた函館まで戻り東側の道の駅を巡ることしたので朝市に行くのは諦めていたのですが、早起きできたので寄ってみることにしました。

 

朝市ではできればイカの踊り食いが食べたかったのですが、イカの踊り食い丼が食べられる店に入ったらイカの入荷がなくできないということで、仕方なく普通の「イカ、ホタテ丼」を頼みました。

{9290F6E0-69B3-4797-B9D6-34FC1587572C}

 

いくらがないと地味ですね。

味は正直がっかりです。鮮度も良くないし、これで1,400円は観光地値段もいいところです。

ご飯も酢飯じゃないし。

イカもぜんぜんです。これなら札幌駅の大丸で刺身を買って自宅で海鮮丼を作った方が美味しいと思います。まぁ、早朝に朝ごはんを食べられる場所もないし、食べて見ないとこんなことも言えないので何事も経験ですね。

 

道の駅でスタンプを押すには営業時間に行かないといけません。

営業開始はだいたい8時から9時。それを考えながらスケジュールを組んで行きます。

そして今日は夜、美容院を予約しているので私の帰宅リミットは18時です。

 

まずは白神岬へ向かいます。白神岬につくときにはちょうど道の駅の営業開始まで時間があったので写真を撮りました。

 

{4797B606-1A06-4565-AC42-C36E254B5CB4}

 

風が強くて波が高く、波しぶきで景色が白んでいます。

前日の雨とは一転して朝から晴天。とても気持ちのいいツーリングです。

 

{45E0854B-E24C-4F35-84E1-75C12B5BC09E}

 

青々とした海。なんとも言えない素晴らしい景色です。

 

{1AB5EDAC-C7D3-4679-8ABB-1151BD8DF159}

 

北海道最南端の地。ここを訪れたのは二十歳の時に続いて2度目です。

 

{CDC08A1B-28D2-422C-8944-4F204C18B5FE}

 

当時、白神岬で写真を撮りました。

しかし、ここまでどういうルートを辿ってきたのか記憶がありません。

その時は奥尻島にも行ったし、どこかの林道も走り、途中であった人に行者ニンニク入りの何かをご馳走になった記憶があるのですが、まるで夢のようにその時のシーンだけが断片的に残っています。

もうふた昔ぐらい前の出来事ですから、北海道を1ヶ月近くかけて自転車で旅行をしていたなんて、今となっては夢のようになった思い出です。

 

さて、道の駅巡りは分刻みのスケジュールで順調に進んで行きます。

ライダーハウスで一人地図を見て、スマホのマップで所要時間を調べながらメモ帳にルートと時間を記入し、それをタンクバッグのマップケースに入れて随時通過時間をチェックしながら回っていました。

まさしくスタンプ「ラリー」です。

 

{A75BA6EA-D4AE-496A-AFD7-46143E135AC3}

 

お昼は森町の道の駅で、いかめし。森町といえばこれを食べないといけませんね。

お店でお鍋に入っているものを出してくれるので温かくて柔らかくて美味しかったです。

この道の駅で道南エリア全14箇所を制覇しました!

 

予定よりも早く達成したので、道央エリアの道の駅残り2つも行ってしまうことにしました。

森から黒松内までは高速道路を利用。結局1,050㎞のルートで高速道路を使ったのはこの区間、たった70㎞弱でした。ここも一般道を走っても時間差は30分ないくらい。

高速道路を走りながら海岸線の一般道を見ると、同じ速さで走っているんじゃないかというぐらいスムーズに車が走っていました。(高速道路はこの区間は70km/hなので高速道路自体それほど早くないんです)

 

{1939C679-07FF-4BBC-AB00-193A916D1BA0}

 

蘭越にある道の駅。これで道央も制覇です!

 

ここからはニセコ、真狩を通過し、中山峠を通って帰ります。

 

{C64C9F06-E9A4-41AB-9437-0D80F715693A}
中山峠では前回食べなかった「あげいも」を食べました。
大きいので買おうか悩んでいたのですが、一度はド定番のものを食べないといけないと思いチャレンジしました。
食べて見るとジャガイモがとても柔らかくてホクホクしていて、予想していたパサパサ感は全然ありません。周りはドーナツの生地で包んであげているので、それの甘さもあり、おいしくてペロリと食べてしまいました。北海道の食材は侮れません。
 
自宅には18時には到着。
ひたすら道の駅だけを回ったツーリングでしたが、満足のいく2日間を過ごせました。
 
【立ち寄った道の駅(立ち寄った順)】
■1日目
1 あかいがわ
2 スペース・アップルよいち
3 オスコイ!かもえない
4 いわない
5 シェルプラザ・港
6 みなとま〜れ寿都
7 よってけ!島牧
8 てっくいランド大成
9 ルート229元和台
10 江差
11 上ノ国もんじゅ
12 あっさぶ
 
■2日目
13 しりうち
14 北前船 松前
15 横綱の里ふくしま
16 みそぎの郷 きこない
17 なとわ・えさん
18 縄文ロマン 南かやべ
19 しかべ間歇泉公園
20 つど〜る・プラザ・さわら
21 YOU・遊・もり
22 くろまつない
23 らんこし・ふるさとの丘
 
道の駅スタンプラリー…117箇所中、59箇所
 
これから道北、十勝、釧路・根室、オホーツクエリアが待っています。
どこも日帰りではなかなかいけない場所なので、キャンプツーリングの計画を立てないとです。

 

転載元の記事を見る
▼このエピソードは星いくつ?
以下の3項目から1つ選択し、評価してください。
皆様の評価の平均点が右のメーターに反映されます。
 なかなか良い  
 面白い  
 とても面白い

【まだ見ぬ世界を目指して】のプロフィール

ブログタイトル まだ見ぬ世界を目指して
オーナー名 とらきち
自己紹介文 おもに趣味のゴルフのブログのつもりが、最近はお弁当や料理ブログになってきました…生活感盛りだくさんです。
ブログURL http://ameblo.jp/shingoasaka/
おすすめ記事
わが家の話
ペットと暮らす
インテリア・雑貨
会員特典体験
モデルルーム見学
ピックアップブロガー

ブログ名:ぐりとぐら ときどき みつご

ピックアップブロガー
三つ子と猫とのてんやわんやな毎日を送っています。そんな中での楽しいこと、美味しいもの探しのことを思うままに書いています。

» このブロガーの記事を見る