外壁塗装でトラブルは年々増えています。しかし高額な金額を支払っているので、自分たちでチェックできる箇所はチェックし、トラブルを未然に防げるように、または少しでも早く気付けるようになっておきましょう。

 

外壁を塗装してくれる人は、所属職人か下請けか

実際に施工してくれる職人さんが、依頼した業者の直属の職人さんかどうかを調べるのは1つのポイントです。

地元で看板を掲げて自社に所属している職人さんに依頼している所は、当然その職人さんたちが行った施工がそのままその業者の評判に直結するため手抜きをしていては長く続けていけません。

またそういった業者の場合教育にも力を入れている所が多く、経験の少ない、職人を目指して修行中の人を連れてきていても監督をきちんとしている事が多くなっています。

ただし下請け=必ず悪いという事でもありません。大手のハウスメーカーや有名企業は実際の施工を下請けに依頼している所が多くなっていますが、きちんと誠実に施工してくれる業者もあります。そして大手であるからこそ、保証内容・保証期間が充実しているというメリットもあります。

どちらかが必ず良い・悪いということはありませんが、実際に自宅に訪問して施工して貰う人ですのでチェックしておいて間違いはないでしょう。

 

外壁塗装の保証内容を確認

保証自体をしていない業者もありますが、今は多くの業者が◯年保証という形で外壁塗装の保証をつけている所が増えています。しかし保証がついているからといって全て安心、というわけではありません。

そもそも使用している塗料によって耐用年数が変わってくるので、使用している塗料に関わらず10年など固定の年数保証がついているような保証は既に破綻しています。

しかも内容を見てみると、その内容はほとんど「保証していないと同義」なものがほとんどの場合が多くあります。自然災害や、以前の業者の不備によるものが対象外になっている場合があり、その場合いざ保証して欲しい時に対象外となっていることもあります。

本当に信頼できる業者さんに、いざという時に相談できる関係性であるかどうか、それを書面にて保証してくれているかどうかをきちんと判断できることがベストです。

 

足場・シート養生

外壁塗装をする上で足場は職人さんの安全を守るために重要なものです。この足場を簡易的なものにしている業者がまれにいます。足場がきちんと組まれていない場合、職人さんが塗装をするのにやりづらかったり、場合によっては怪我に繋がってしまう事すらあります。

足場は塗装とは別の足場を組む専門の職人さんが別に存在することもあります。逆に塗装職人さん自身が足場を組んでいる場合もあり、注意が必要になってきます。

シートについてまずチェックしたい部分は、家全体を覆ってくれているかをチェックしましょう。メッシュシートは塗料の飛散を防止し、近隣のお宅に塗料が飛散る事も防ぎます。このメッシュシートの貼り方が雑だったり、一部分にしか張っていない場合、また目が荒くペラペラで風で飛んでいきそうなシートを使っているような業者は注意が必要です。

 

塗料の選定

外壁塗装の耐用年数は、塗料の質と職人の技術によって大きく変わります。塗料はその種類により、公式の耐用年数自体が変わってくるので、見積書などをきちんと見せてもらって内容を確認しましょう。

自社オリジナルの塗料という名目で値引きをしてくるような業者は一度、検討し直した方がいいかもしれません。

  

高圧洗浄

高圧洗浄は塗装の前に外壁の汚れなどをキレイにするためにするものです。この高圧洗浄をきちんとしているかどうかで塗料のもちが変わってきます。

「高圧洗浄自体を無料でします」という業者もまれにいますが、高圧洗浄機自体も高額な機械な上に、きちんと一軒家を全体高圧洗浄しようと思うと1日しっかり使って洗浄した後、さらに乾燥の時間を取ったりします。

それだけの手間を無料でするというのは、経緯を疑った方がいいでしょう。

 

下処理・補修

高圧洗浄で落としきれなかった錆や汚れを、薬品や道具を私用して除去するのが下処理です。またヒビ割れなどの補修も行います。

これをしないまま塗装に入ってしまうと、せっかくの塗料が外壁から剥がれやすく成る原因にもなりかねません。

場合によっては高圧洗浄の前にコーキング作業を行う場合もあるので、その場の進捗を担当の職人さんに説明して貰うように心がけておきましょう。

  

塗料の量と希釈

塗料の種類によって、耐用年数と価格が違うのはもちろんですが、その塗料が適切な量で見積もられているか、また実際に塗料の料金として見積もられた分を正しい希釈の割合で使用されているのかも悪徳業者の手抜き出来てしまう箇所です。

職人さんが作業している所を見て依頼主が判断することは難しいので、見積書の段階で「あれ?おかしいな?」と思う部分がないかセンサーを働かせておくことが重要になると思います。

  

乾燥

外壁塗装の中で乾燥の期間はとても重要です。高圧洗浄の後の乾燥期間はもちろん、下塗り・中塗り・上塗りの間にもしっかりと乾燥期間が必要です。

この乾燥期間をきちんとまもらないと、塗料の耐用年数が保たれなかったり、塗料がすぐに剥がれてしまったりします。

乾燥時間は塗料に寄っても差があるので、一概に「これだけ乾燥していれば問題ない」とは言えませんが、少なくとも半日以内で次の工程に行くのは早すぎます。

まっとうな業者の多くは1工程につき1日としている所が多いです。一度、工程表を見せて貰ってきちんと乾燥の時間を取ってくれているかどうか確認してみましょう。

 

下塗り・中塗り・上塗り

外壁塗装には下塗り・中塗り・上塗りという3工程があります。まれにいる悪徳業者はこの3度塗りをきちんとしていない事があります。これに関しては、全体を塗装した後、乾燥の時間を取っているのですぐに気付けるはずです。

2度しか塗っていないな?と思った場合は、必ず業者に確認するようにしましょう。