外壁塗装を依頼する際に、もちろん専門家と同じだけの知識を持つことは難しいでしょう。そもそもプロに依頼するからこそ、多額の金額を支払っているのです。しかしどんな買い物も、失敗しない為には知識を持っておく事が必要です。大きな買い物で失敗しないためにも、外壁塗装に関わる知識を最低限は勉強しておくと業者選びにも失敗する可能性を低く出来ます。


外壁のお悩み、外壁塗装が必要な症状とは

色あせ

外壁の塗料が本来の色から汚れや樹脂の劣化により色が変わってしまった状態です。本体のツヤがなくなり、外観が古く見えてしまうことにも繋がります。原因は紫外線や酸性雨などによる塗料の劣化や、サビが原因だと言われています。つまり色あせは完全に防ぐことは出来ません。どのようにして少しでも長く色あせの劣化をさせず長持ちさせるかが大切です

チョーキング

外壁に触れた時に手に粉っぽい色がつく事をチョーキングと言います。これはすべての外壁が劣化する事でチョーキング現象が起こりだすという事ではありません。このチョーキングの原因のほとんどは紫外線です。なのでチョーキング現象が起こっているかどうかは、出来るだけ太陽光が当たりやすい外壁でチェックしてみるのが良いでしょう。

コケ・藻・錆

外壁についたコケ・藻・錆もと痛みの1つです。コケや藻は防水性が低下している箇所に生えやすく、わずかな栄養分と湿気で光さえ当たるとどんどん成長し、なかなか完全に駆逐することが難しくなります。藻は緑っぽく変色したように見た目にも悪く、直接外壁を傷める事には直結しませんが、塗料を傷めて劣化させる可能性があります。
外壁の錆は雨風のあたる箇所、かつ鉄が使われていると発生します。初期であればこする事で落とせますが、錆自身が時間とともに広がり根をはってしまうとこすっても取れなくなってしまう可能性があります。

ひび・クラック

外壁自体が小さくひび割れするものは、塗料が経年での劣化により起こることが多く、大きなひび割れは外壁材自体がダメージを受け割れている可能性があります。とくにヒビ自体の幅が広いと、雨漏りに繋がったり外壁材自体への侵食に繋がり、外壁材自体を取り替える必要が出てくると更に多額の費用がかかってしまいます。

剥がれ

外壁塗装の剥がれは、紫外線や雨風やホコリなどによって起こるものですが、そもそもの施工自体に問題があって早期に起こるトラブルでもあります。少し剥がれてきた状態を、素人判断で放置しておくと重篤な問題に発展する可能性もあるので、必ずプロの塗装職人に判断して貰う事をおすすめします。


外壁に使われるシーリング材・コーキング材

シーリング材は屋根や外壁の補修が出来、様々な用途・効果があります。
まずは、外壁材の緩衝として使われます。外壁材同士が地震などの振動が起こった際に外壁材自体へのダメージを軽減し、ヒビ割れや破損などから守ることが出来ます。また外壁材同士を固定したり、隙間やヒビを一時的に埋めることにも使われています。

チューブなどの容器に入っており、そのまま使えるものがシーリング材と呼ばれており、コーキング剤はコーキングガンという専用の機器でコーキング剤を押し出して使うものです。

コーキング剤には、アクリル、ウレタン、シリコン、変成、ポリウレタンなど様々な種類があります。耐水性や耐候性、施工のしやすさなどによって使用される場面は様々です。


外壁塗装、自分でDIYするのはどうなの?

少し外壁が剥がれてきた、少しヒビが入っている、ぐらいだと自分でどうにか出来るかも?と思う人も少なくないと思います。人によっては自分で全体を塗装してみようと思う人もいるかもしれません。
もちろん簡単な応急処置は、ホームセンターで売っているお手軽なもので済ませられるかもしれません。しかし外壁塗装の職人に国家資格があるように、素人の技術で行うことは大きなリスクも含んでいることを忘れてはいけません。

まず外壁を完璧に塗装し直そうとすると、足場はもちろん、塗料、ブラシ、ローラー、養生するためのテープ、シートなどなど必要なものを揃える所から始まります。更に、塗料は汚れやカビ・コケの上から塗っても意味がありません。専用の高圧洗浄できれいにしてから塗料をのせないとその塗料の耐用年数までもたない可能性もあります。

ヒビ割れの対処についても、プロの職人が判断しなくては難しい部分もあります。また、本来下塗り・中塗り・上塗りを各工程乾燥をさせながら進めなくてはいけませんが、それがなかなか難しい事もあります。実際にじぶんでやってみたけれど、数年したらすぐにだめになった、その際にプロに依頼したら余計な補修金額がかかってしまう可能性すらあるのです。